• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

@2016 Viet-Viet Mania All right reserved

ベトベトへの道#1

 以前にミリブロで書いていたのですがアカウントごと消されてしまったのでまたコツコツ書こうと思います。

2004年、MMCのサイトは立ち上げていましたがまだ数名のメンバーしかおらず

サバイバルゲームチームのLMさん、BCさんのゲームの中でナム戦装備を付けて遊んでる状態でした。

当時、ナム戦イベントと言えばアホカリプスの他に多摩川ハンティングクラブさんが主催していた『RECON戦』が

NAMっぽ実行委員会主催で『NAMっぽいのが好き』へと移行して三郷で行われていました。

ところが2005年から『NAMっぽいのが好き』が開催されないと言う知らせをチームBCのY氏が持ってきました。

 

「もうさ、俺達でイベントやろうよ。『NAMっぽいのが好き』って名前も使って良いって言われてるからさ」

聞けばNAMっぽ実行委員会に名を連ねていた方からNAMっぽの募金も使って良いとか

完全にNAMっぽを引き継ごうという考えだったのです。

確かによい話ですが自分達でやるならば新規イベントを立ち上げようと意見し、名称、場所を新しい場所で立ち上げる事に決定しました。

場所に関しては前年にチームLMで200人でゲームを行った場所が茨城の守谷にあるので目途は付いていました。

名称に関してはあまり格好良い名前にするとくすぐったいので少しおちゃらけて

 「ベトベトしようぜ!はどうですか?」

 「何か偉そうじゃない?」

 「じゃあしませんか?」

という事で『ベトベトしま戦か?』と名称に日時もアホカリから2ヶ月後の10月2日に決定しました。

 

さっそく、WEBサイトとフライヤーを制作してナム戦系のお店に置いてもらう為に巡りました。

 殆どのお店で快くフライヤーをおいてくれましたが大宮のLパルドってお店は「ウチには関係ないねー」と置いてくれなかったのが良い思い出ですww

 

守谷の河川敷は河川一時使用許可を国土交通省に提出し許可をもらう予定でしたので何度か現地を見に行き使う場所などを決めていました。

この時、前年にはなかったオフロードのコースが造形されていたのですが

たいして気に留めていませんでした。これが当日に恐ろしい事になります……。

 

その頃MMCは人数も増え始めアホカリプスに皆で行こうという話が持ち上がっていました。友好チームも含め10名ほどで南ベトナム海兵隊で参加する事が決まりました。ベトベトの宣伝もできるのでワクワクしながら参加する事に。

しかしこのアホカリ参戦が大きな疑惑を被せられる事になるとはこの時点では

全く予想していなかったのでした……。

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square