• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

@2016 Viet-Viet Mania All right reserved

Regulation

南側軍装、使用火器

■軍装

60年~75年(米軍は73年)までのベトナム戦争で一般的に使用が確認される装備。
使用する装備はユニット毎の基本的な装備は着用し、勝手に簡素化する事は不可。

特にSEAL、SOGなど特殊部隊系は装備をキッチリ揃えていない場合は一般部隊での参加になりますので

不安な方は一般部隊の装備をお持ち下さい。
実物、レプリカは問いませんが、TCUの現行タイプ、BDUタイプは不可です。またUSタイガータイプも不可とします。

意味不明なパッチ、未来装備は外すかガムテープなどで見えなくしますのでご了承下さい。

黒いジャングルブーツとか訳解らないナイロンのポーチはいい加減に埋めます。
特殊部隊等での北側を偽装した服装(サンヘルメットやブラックパジャマ、黒染めファティーグ)は、
敵、味方の判別が難しいのでお止め下さい。同様の理由でキットカーソンスカウト、ロードランナーも止めて下さい。

 

■使用火器

60年から75年までの間にベトナム国内で使用された形状、形式の物。
バッテリーの外付け、リザーブタンク等、銃の外観を著しく変化させた物は使用できません。

ガスガンの場合外部ソースは不可。モスカートのスラッグ弾も禁止です。
一般部隊でのXM(指揮官、RTO以外)やAKの使用、30連マガジンは不可です。
バーンズタイプ(M653)は『プラトーン』のバーンズ、エリアスのコスプレ以外は無しにします。

北側軍装、使用火器

■軍装

60年~75年までのベトナム戦争で使用されていた装備。実物、レプリカは問いません。
NVAは中国軍等の物も可。

NLFはブラックパジャマなど基本的に農民ですので60年代~70年代風の私服(開襟シャツにスラックス等)も可です。
ホー・チー・ミンサンダルは怪我の恐れがありますので注意して下さい。ジャングルブーツの使用も可です。

ただしハイテックマグナとか履いてきたら裸足で戦場を駆け巡って頂きます。

農民のチェックスカーフの代用にシュマーグは認めません。

 

■使用火器

60年から75年までの間にベトナムで使用された形状、形式の物。

基本的に南側と同様に外観を変化させたものは使用できません。ドラグノフ、AK47β、AK74、AKMは使用不可。

特に金色のAKを持ってきたら粛清します。

VSR10等は木スト風ならボルトアクションとして使用可です。ただし、スコープは外して下さい。
M-16等も鹵獲兵器として使用可能ですが、ストーナーとかを無理矢理、鹵獲するのは止めて下さい。

その他

※ 南北共通にドラムマガジン、自動給弾マガジンの使用は出来ません。
(PPsh,RPDなど基本的に実銃がドラムマガジンを使用する場合は使用可です。)
装備、銃器に関し、著しく時代背景を無視した物は、使用や着用をお断りする場合があります。
※火薬を使ったパンパン鉄砲、モデルガンは南北共使用可能です。弾数制限はありません。

 

兵隊では無く、農民、僧侶、売り子、売春婦、カメラマン等の非戦闘員もOKです。

ただし戦闘エリアへ侵入する場合ゴーグルの着用は必ずお願します。

 

■初速

全ての銃において0.9J以下。(適正HOP状態にて。HOPを最高の状態で計測する事は不可)
6ミリ弾0.2gを使用し 94m/s以下。 8ミリ弾 0.36gを使用し70m/s以下。
【ジュール計算式は (初速×初速)×BB弾の重量÷2000= ジュールとしています。】
当日は主催者用意の初速測定器により計測し、オーバーしている銃の使用は一切禁じます。
また平成18年8月21日施工の改正銃刀法の準空気銃に抵触しているエアガンを所持していた場合、所轄警察署に
連絡致しますのでご注意下さい。
流速チューン、減速アダプターの使用も不可です。

至近距離で撃ち合うケースも多々ありますので基本ノーマルで参加して下さい。

 

■トラップ

ごみの出ないパーティークラッカーは使用できます。主催側に許可のない着火の必要な火薬を使用した物は禁じます。
勿論、バンブーステイク、落とし穴など怪我をする恐れのあるものは、禁じます。

 

■ゴーグル

ASGK指定の物か実銃用の物とします。ノンストップゲームですので、終戦まで絶対にゴーグルは外さないで下さい。
ゴーグルは透明のシューティンググラスタイプを推奨します。
ヒストリカル的に透明シューティンググラスタイプが好ましいですが、強制ではありません。
あくまでも推奨ですので怪我などの予防は自己責任でお願いします。フェイスガードはスカーフなどで隠してくれると嬉しいです♪

 

■水筒

ノンストップゲームですのでフィールド内には必ず水筒に水を入れて持参下さい。

 

■銃剣類

平成21年1月5日施行の銃砲刀剣類所持等取締法の改正により
ダガーナイフ(両刃ナイフ)の所持は禁じられています。銃剣などは刃のない模造品以外の持ち込みを禁止致します。
また模造品の場合でもいかなる理由があっても抜刀は絶対にしないで下さい。

 

■重体マーカー

重体(2回目の被弾)の際に使用します。
白い布、タオルなどに血のり(赤インクなど)を附けたマーカーをご用意下さい。
※八玉商会から100円で販売します。

 

■報道規制

基本的にスチールは一眼レフ、ビデオカメラはショルダータイプ(張りぼて可)のみがフィールド内に持ち込みできます。
現代にしか見られない形式の小型ビデオやデジカメをあからさまに振り回すのは勘弁して下さい。
フィールド内に持ち込む場合は当時風や形状がわからないようにするなど工夫して下さい。
小型デジカメ、ホームビデオ、携帯電話での撮影は作戦終了時に撮影タイムを設けますのでご了承下さい。

 

                                                                   平成26年2月1日改定

Please reload